富とジェリー

映画・海外ドラマ・海外アニメの紹介と感想、独自の角度から切り込んだ考察を載せていきます。

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』感想・言いたいこと ※ネタバレ注意

今回の記事は批判的な意見を多く含みます。

ご留意ください。

 

1.感想

正直、不満です。

「保守的」と評された前作『フォースの覚醒』とは対照的に、今作は『スター・ウォーズ』のセオリーを壊すものとなっています。

その姿勢自体は別にいいんです。

問題は壊し方と壊したもの。

個人的には、ちょっと耐えられないレベルの歪が多く生じていると思います。

 

2.露骨すぎるメタ構造

まず言いたいのは、「『これは映画ですよ』という前提がないと成立しない仕掛けを前面に押し出すな」ということ。

コンセプトとストーリーが、互いのために存在しているだけなら理解できます。

しかし、本作では「『スター・ウォーズ』のセオリーの否定」というコンセプトがストーリーの一部になっています

例えば「フォースはジェダイだけのものではない」「ルーク・スカイウォーカーは聖人ではない」という要素なら、ストーリーだけを追っていても十二分に成立するものです。

では、「レイが特殊な血筋を引いていないことの判明」はどうでしょう?

このシーンは一応、単独でも意味を持っていますが、「主人公の血筋は特殊なもの」というセオリーを知っている者に対してこそ、効果を発揮する「仕掛け」として用いられていました。

つまり「これは『スター・ウォーズ』というフィクションですよ」という前提がないと理想的な形で成立しないものとして配置されていました。

もちろん「ダース・ヴェイダーは父親だった」という過去の「仕掛け」も、フィクションそのもののセオリーを知っていることでより効果的になるものでしたが、それを抜きにしてもストーリー上の必要性がありました。

しかし、本作ではその必要性の説得力が異常に弱い

だって、レイは両親に捨てられたことそのものに悩んでいるのであって、自分の血筋が特別じゃないことに悩んでなんていないんだもの。

それを悩んでいるのは視聴者だもの。

それなのに、いきなり作中においても重要な議題であるかのように演出するということに、妥当性が見えません。

メタフィクションにしてどうすんの。

 

3.「伝説」「神話」を否定する意味はあるのか

本作がストーリー上で否定しているものは二つ。

一つは「旧世代への執着」

もう一つは「神格化」

前者については賛同できます。

過去のキャラクターたちが、レイ、フィン、ポーなどの新たな世代にバトンタッチするというのは、至極当然の流れです。

けれど、後者には物申したいです。

ジェダイの神格化を否定することには文句ありません。

彼らの傲慢さ・尊大さはプリクエルからずっと触れられています。

問題は「物語の神格化」が否定されたことです。

これまでの『スター・ウォーズ』は、スカイウォーカー家の物語でした。

つまり、「選ばれし者」とその関係者たちが、歴史のターニングポイントで活躍し、銀河に大きな影響を与えるという物語です。

ところが、本作のラストはそのような「伝説」「神話」の客体化を否定し、「誰もが英雄になれる」という考えを押し出しています。

これを本編でやる意味はあるんでしょうか?

ローグ・ワン』でも語られたとおり、「誰もが英雄になれる」というのは真実です。

しかしそれはそれとして、「たまたま英雄になった誰か」ではなく「英雄になるべくしてなった誰か」として主人公を捉え、その啓示と運命を描写してきたのが『スター・ウォーズ』のはずです。

「結果」ではなく「導き」であるのかもしれないという視点を通すことで、全てが繋がっていたはずです。

それを捨て去ることは、作品の根幹の大部分を捨て去ることと同じではないでしょうか。

続く

ドラマ『パニッシャー』の視聴に役立てばいいTIPS

過去の映像化作品は見ておくべき?

パニッシャーは、過去に三度も映画化されています。

しかし、どれもマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)と繋がりを持たない独立した作品なので、今回の『パニッシャー』を見るために予習しておく必要は特にありません。

気になる人はチェックしてみよう! という程度の認識で大丈夫です。

 

他のMCU作品は見ておくべき?

パニッシャー』は、他のMCU作品との繋がりがかなり、というか現時点で最も希薄な作品です。

これは、シーズン1の段階では、他のヒーローとのクロスオーバーやSF・ファンタジーの要素を介入させる気がまったくなかったからだと思われます。

よって、他の作品を見ていなくても問題ありません。

ただし、できれば『デアデビル』シーズン2を導入として見ておくと、より分かりやすいかとは思います。

 

アメリカ海兵隊について

僕は軍事関連に明るくないのですが、パニッシャー(フランク・キャッスル)が所属していた「アメリカ海兵隊」について、少しまとめてみました。

海兵隊」とは、海戦を担当する「海軍」とは異なり、海上から侵攻する陸戦部隊のことです。

戦地に最初に送り込まれる先鋒であり、前線で激しい戦闘を繰り広げます。

ただでさえ過酷な戦争において、特に凄惨な戦いを経験するポジションだといえると思います。

ちなみにアメリカ海兵隊は、世界で唯一、独立軍として存在している海兵隊であり、指揮系統上、海軍にも陸軍にも属していません。

故に、大統領直下の緊急即応部隊としての側面も持つようです。

また、その実績と総合戦力から「世界最強の軍隊」と呼ばれることも多いようです。

原作でのフランク・キャッスルはベトナム戦争の帰還兵ですが、今作ではアフガニスタン紛争の帰還兵となっています。

 

f:id:penguinoutrage:20171202224605p:plain

 

アメリカ国家安全保障局について

パニッシャーを追うマダニ捜査官が所属するアメリカ国家安全保障局NSA)は、国防総省に属する情報機関です。

CIAと立ち位置は似ていますが、CIAが潜入などによる人的諜報を展開するのに対し、NSAは電子機器を使用した諜報活動を行うという特徴があります。

 

キャストについての個人的あれこれ

タイトルロールのパニッシャー(フランク・キャッスル)を演じるのは、『デアデビル』に引き続きジョン・バーンサルです。

ウォーキング・デッド』への出演で話題になったようですが、僕は見ていません。

なので、個人的には『ナイトミュージアム2』と『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の人ってイメージがあったりします。

だから『デアデビル』での壮絶な演技は新鮮でした。

色んなインタビューに目を通してみると、この人、本来はあまりヒーローものに興味がないっぽいです。

それでも、『パニッシャー』にはそんな彼をも大いに奮起させるだけの魅力を感じたみたいですね。

また、『ナルニア国物語』でイケメン王子を演じたベン・バーンズが、今回もフランクの旧友のイケメン役で出演します。

 

ドラマ『パニッシャー』シーズン1 感想と見所

またしても順番を前後し、『ザ・ディフェンダーズ』より先に書きます。

ご了承ください。

 

f:id:penguinoutrage:20171127140848p:plain

©Marvel Television/ABC Studios/Bohemian Risk Productions/Netflix

 

1.概要

パニッシャーは同名のコミックスなどを原作としたドラマで、マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)に含まれます。

主役のパニッシャー(=フランク・キャッスル)は、特殊能力を持たないながらも極めて高い戦闘能力を有する元海兵隊員で、最愛の家族を奪われたことから、復讐と悪への制裁を誓ったヴィジランテです。

不殺の信念を掲げるヒーローが多い中で、「悪を確実に始末する男」であり、いわゆるダークヒーローの代表中の代表といえます。

そのために高い人気を持ち、過去に三度映画化されています。

 

2.感想と見所

傑作です。

デアデビル』シーズン1に匹敵する、もしくはそれ以上の完成度だと思います。

脚本・演出の水準がかなり高く、引き込まれてしまいました。

そのような高い水準を保つことができたのは、パニッシャーを映像化するにあたって頭をよぎる「呪縛」を気にせずに、新しい切り口から掘り下げることに集中したからだと思います。

パニッシャーといえば、ブレイドやX-メンと並んで、現在のアメコミ実写化ブームの前からある程度知られているマーベル・キャラクターです。

なので、「映像媒体におけるイメージ」みたいなものが、やはりある程度ある気がします。

僕は、その一つに「爽快感」があると思っています。

元来の「法で裁けない悪を罰する断罪人にして処刑人」という立ち位置に、時に武骨で、時にスタイリッシュな、映像ならではのアクションが加わることによって、一種の「気持ちよさ」がイメージとして、ひいてはニーズとして生まれていると思うのです。

しかし、今回の『パニッシャー』はそのような既存の価値に意識的に寄せることをしません。

避けているというわけでもないので、部分的に被るところはあるし、シーズン2以降そういう点は増えていくとは思いますが、とにかく縛られてはいないのです。

今回最もフィーチャーされるのは、「帰還兵としてのフランク・キャッスル」です。

「公的制裁と私的制裁の違い」というおなじみのテーマを残しつつも、「戦争とそれ以外の違い」「『ホーム』は家庭にあるのか、戦いの中にあるのか」といった、より兵士ならでは苦悩と葛藤の方が前に出ています。

さらに、プロット自体も本格的なポリティカル・サスペンスとなっており、そこに時事的な問題や極めて現実的なドラマが重なることで、メッセージ性が非常に強く、切実なものとなっています。

「悪に対する私刑」以外のモチーフも主題に盛り込むという「シフトチェンジ」

過度に明快な構図を用いず、戦争映画の文脈で物事を捉えるという「ギアチェンジ」

爽快感の強さを優先する「必殺仕事人」的ヒーローだけを念頭に置いていると、この二つに度肝を抜かれます

(念を押しておきますが、ヒーロー作品・アクション作品としても素晴らしいデキです。)

やがて、新たな視点の先に広がるのは、パニッシャーのオリジンの生々しい側面です。

フランク・キャッスルから全てを奪った悲劇は、単に「裁かれざる卑劣な悪の存在」のみによって引き起こされたものではないのだ。

より具体的な、「我々が生きているこの世界の構造」が関わっているのだ。

パニッシャー」というメジャーなアイコンを通して、フランク、彼の仲間、敵の身さえもを焼く「戦争の残り火」を、手が届きそうなほど身近に感じた時、そしてそこに、社会が維持されるためには避けられない不可抗力だけではなく、人為的な陰謀が含まれていることを理解した時、あなたは何を思うでしょうか。

その怒りを、悲しみを、やるせなさを、殺意を、パニッシャーが銃にこめてくれます。

ドラマ『ゴッサム』シーズン1-6話感想 街は狂気を帯びつつある

シーズン1第6話「ヤギの悪魔」

 

あらすじ

過去にブロックが担当した事件の模倣犯によるものと思われる殺人事件が発生。

しかし、その手口は情報公開していない部分まで似通っていた。

不審に思ったブロックは……。

 

※ここから先はネタバレを含みます。

 

感想

ハービー回です!

アバンでは熱意に満ち溢れてた頃のハービーが描かれ、本編でもいつもより積極的に捜査する彼が見られます。

やる気が戻ってきたのは、過去の事件が蘇ったからというのもあるだろうけど、多少、ジムに感化されてきたのかもしれません。

頭がキレる面を出してくれたのも嬉しい。

でも、オチが催眠術による洗脳ってのはちょっと反則スレスレな気はします(笑)

まあ推理ドラマじゃないんだけどね。

 

f:id:penguinoutrage:20171116141046p:plain

(ハービーの推理がめずらしく冴えわたる。かっこいい)

©Gotham/Primrose Hill Productions/DC Entertainment/Warner Bros. Television

 

犯人が、またしても街の腐敗と思想的に相対する人間でした。

どうも、マフィア絡みの事件と思想犯による事件が、意識的になるべく平等に差し込まれてる感じです。

そして、バルーンマンといい、前回のバイパーを配ってた男といい、今回の催眠術師といい、思想犯は全員少し狂っており、また、手口がユニーク。

これは、思想(信念)は狂気に繋がり、狂気はユニークな手口に繋がり、ユニークな手口は「スーパーヴィラン」に繋がるという、『バットマン』の土台をかなりていねいに積み重ねてるんだと思います。

盤石に思える「腐敗と汚職の循環構造」も、やがて彼ら「新しいタイプの犯罪者」によって破壊され、ファルコンやマローニでは街を牛耳れなくなるのでしょう。

そのポストに、「組織犯罪」と「スーパーヴィラン」の特徴を両方兼ね備えたペンギンが収まる、ということだと思います。

さて、そんなペンギンは大好きなお母さんと再会。

虐められてたことや、尊敬されたいという欲求など、彼のキャラクターの根幹に関わる部分が、ようやく本編で明言されました。

この母親もなかなか個性的ですね。

当たり前かもしれませんが、オズワルド(ペンギン)の人格形成には、彼女の性格もかなり影響してそうです。

評価:☆☆☆(5点満点)

ドラマ『ゴッサム』シーズン1-5話感想 何でもありはいいとこどり

シーズン1第5話「負の遺産

 

あらすじ

吸引すると驚異的な筋力を手に入れる代わりに死に至る薬物が街に流れ、ゴードンとブロックは捜査を開始する。

 

※ここから先はネタバレを含みます。

 

感想

特殊な力や現象の存在について、わりと早く出してきました。

『アロー』みたいにシーズン1の間は出さないというのもそれはそれでアリですけど、『ゴッサム』の場合、ここでリアリティレベルを決定したのは英断だったと思います。

ダークナイト』トリロジーと明確に差別化できるし、やれること色々増えますからね。

原作コミックスや、MCUみたいな他作品にまたがるユニバースならまだしも、一つの作品で古風なハードボイルドとSFを同居させるって、何気にめずらしいかもしれません。

このごった煮感、嫌いじゃないですよ。

今回出てきた薬物「バイパー」は、ベインが使用する「ベノム」の試作品のようです。

ベインはオリジンにゴッサムが関わらないタイプのヴィランだから、本人は簡単には出ないでしょうけど、いつか登場して欲しいです。

 

(ベインの紹介・考察はこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com

 

今回は、ファルコンやマローニのようなマフィアの脅威や、市長や警察の汚職とはまた異なる、「企業の闇」がフィーチャーされました。

薬を流した犯人にはその闇を暴くという確固たる目的があったわけで、バルーンマンの時と同じく、ある程度同情してしまいました。

さて、マローニに取り入ろうとするペンギンは、これまでの経緯を洗いざらい話しますが、疑われてしまいます。

話の信憑性を裏付けるために呼ばれたのはジム。

二人の話が合致したことでマローニを敵に回すことはとりあえずなくなりましたが、どんどんがんじがらめになっていってる気がします。

 

f:id:penguinoutrage:20171115184132p:plain

(怖いなあ、この視線)

©Gotham/Primrose Hill Productions/DC Entertainment/Warner Bros. Television

 

ペンギンが生きてることがバレたらファルコンに狙われるというだけでも危険なのに、そのことをマローニが知ってるというのは、心臓を握られてるような気分なのでは。

一方のファルコンは、フィッシュが送り込んだスパイにまんまと一目惚れ。

こういう「気を抜いてる時は普通のおじいちゃん」っていう描写は大好きです。

それも含めて人の大きさであり、怖さですからね。

評価:☆☆☆(5点満点)

 

(次回の感想はこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com