読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富とジェリー

富を得たジェリーは変わってしまった。

契約をとるのが大変なのはわかるけども……【追憶編】

前回の記事の続きです。

さて、その後知人にきいたところによりますと、今回のような対応は、やはり説明義務を果たしていないということになるらしいです。

場合によっては処罰の対象にもなるんだとか。

そこまでいかなくても、本店にクレームを入れれば、代理店はこっぴどくお叱りを受けるそうです。

めんどくさかったのでやめましたけどね。

しかし、こういう手口って、もはやマニュアル化されていますね。

日本語の曖昧さをうまくついて、相手をだますという「技術」

今回の場合、「NTTが入る(NTTが入れられる)」「NTTが入る(NTTが入ることになっている)」に、わざと誤解させてきたわけです。

実は僕も一度だけ、似たようなことをやらされたことがあります。

派遣に紹介されて、発電機販売のテレアポをやった時です。

そこで配られた、お客様への対応マニュアルは、自分たちが発電機の販売業者ではなく、電力会社の人間であると誤解させるような内容でした。

はっきりとだましているわけではないんですが、明らかにそのような意図がありました。

しかも、その職場は「金!金!金!」な空気が常に立ち込めていて、アポ取りに失敗すれば露骨に冷ややかな目を向けられるし、成功すれば拍手喝采が鳴り響くという、個人的にはすごく「やらしい」場所でした(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』みたいな感じです)。

周りに認めてもらうには、確実な意志を持ってお客様をだまさなければなりません。

それがどうしてもできなくて、半日足らずで辞めました。

ていうかもう途中から、電話先の知らないおじいさんとかとくっちゃべってました(笑)

客商売が、ある程度「だます」行為の上に成り立っていることは、僕も分かっています。

それは仕方がないことだと思います。

だから、全否定はしません。

お金儲けも、悪いことだとは全然思いません。

僕が嫌いなのは、だますことを完全に割り切っている人間の、ゾンビのような目です。

その時その人は、「個人」ではなく「システムの一部」なのだと僕は感じます。

きっと、その方が効率がいいのでしょう。

でも、「個人」であることによって成功する方法だってあると思うのです。

スーパーでバイトをしていた頃、僕はなるべく「個人」であるように努めました。

「こっちよりこっちのミカンの方が甘いよ」

「このリンゴはアメリカ産だけど、日本人が作っているから信頼できると思うよ」

「好みが分かれる野菜だけど、もしよかったら試してみてくださいね」

こんな風に「個人の感想」を織り交ぜて、相手が喜ぶ姿を思い浮かべて販売をしました。

ゾンビたちには分からないかもしれませんが、僕が販売するものはかなり売れました。

月並みですが、やっぱり根底には思いやりがあった方が、うまく事が運ぶと僕は思います。

 

※追記:渡された書類を読み返したら、softbank光と書いてありました。

でも本人は最初、NTTと名乗っていたんだけどなあ(#^.^#)

契約をとるのが大変なのはわかるけども……【激闘編】

めずらしく日常のことを書こうと思います。

つい先日、光回線の代理店の人間がうちへ来ました。

インターホンに出ると、「今度ここにNTTが入るので、説明をするために出てもらいたい」と言われました。

ドアを開けると男が立っていて、通信速度や料金が改善されるということを僕に説明し、書類へのサインをうながしました。

僕はそれに従いました。

なぜこうも簡単にサインしたかというと、男の言い方が、まるでサインをすることが自然な義務であるかのようだったからです。

また、以前にも別の人間が同じことを伝えに来て、「何度も来てるんですけどね^^」と釘をさすような物言いをしてきました(この時はサインをしませんでした)。

なので、これはセールスではなく、建物の改修のいっかんだとか、そういう類のものの通告かもしれないと、僕は考えたのでした。

僕は、気になったことを質問しました。

「今、うちはJ:COMで、ネットとケーブルテレビ両方の契約をしているんですが、その場合でもNTTに代えて大丈夫なんですか?」

「なら今、月に□□□□円くらいかかってますよね? グンと安くなりますよ^^」

「いや、そんなにかかってないです」

「え」

「え」

このへんから、男は勧誘臭さを隠せなくなってきました。

さすがの僕も、やっぱりこれはセールスだということを確信しましたが、結局、「どっちにしろ今より安くなる」という形で話をまとめられました。

最後に一応、「これは、ほとんどの人がそうするものなんですよね? セールスとかではないんですよね?」ときいてみると、男は「そうですね。強制ではないので」と答えて、去っていきました。

「そうですね(セールスじゃないよ)」と「強制ではないので(セールスだよ)」が一秒で矛盾しています(笑)

その後すぐに、J:COMに問い合わせました。

すると、うちはパック料金で支払っているので、ネットだけ光に代えても合計は安くならないし、それどころかむしろ高くなるということが判明しました(あくまでうちの場合です)。

キャンセルすべく、名刺の番号に電話をかけました。

さっきの男が出て、「ちょ、ちょ! 今、(他の部屋の住人に)説明してるんで! 折り返します」と言われ、電話を切られました。

知らねーよ(笑)

電話に出られない状況は誰にでもあるけど、「説明してるんで!」ってのは別に言わなくていいでしょ(笑)

「今、説明してるんだぞ! 分かるだろ! 重要な時なんだぞ!」っていう私情が出ちゃってます(笑)

二時間弱くらいして、折り返しの電話がきました。

J:COMからの回答を伝えると、

「いや、それはおかしいです。高くなるはずがないです。J:COMの対応が間違えてますね」

 

!?

 

まさかの長期戦に持ち込まれました。

「いや、でも……」

「なら、J:COMやめてうちとの契約だけにしてください。テレビはチューナーを使って見られるんで」

「そうですか。でも、やっぱり相談をしてから……」

「相談ってJ:COMにですか?」

「親にです」

J:COMには相談しないでください」

 

????wwwwwwwwwwwwwwww???wwww

 

「いや、でも……」

「だったら、工事の日までにやめるかどうか決めて、連絡するという形でお願いします」

「こっちが電話するんですか?」

「はい」

「わ、わかりました。ちなみに、これってキャンセルしたらさっきの契約はちゃんとなかったことになるんですよね?」

「あの段階ではまだ契約ではないです。『申し込み』です!」

 

怒られました(笑)

 

もちろん翌日、代理店にキャンセルの電話をいれました。

しかし、まだデータの反映がされていないようで、手続きのメールがまだ届いています。


つづく

マーベル・シネマティック・ユニバース(アベンジャーズ)総まとめ:トニー・スターク考察

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)とは、マーベル・スタジオ製作の映画が共有する一つの世界です。

アメリカンコミックは、出版社が同じであればほとんどの作品が繋がっているということは有名ですが、それを映画でもやってしまおうというのがこの一大企画です。

今回は、MCU「物語」という観点から掘り下げ、綿密に仕組まれたその構造を読み解いていこうと思います。

アベンジャーズ』考察

『アイアンマン3』考察

『エイジ・オブ・ウルトロン』考察

『シビル・ウォー』考察

も兼ねます。

 

f:id:penguinoutrage:20170105182119p:plain

続きを読む

『スター・ウォーズ』エピソードⅧをちょっとだけ予想(レイ編)

あけましておめでとうございます。

しばし更新が滞っていましたが、これからはまた記事投稿のペースをあげていきたいと思っておりますので、今年も『富とジェリー』をよろしくお願いいたします。

 

先月27日『スター・ウォーズ』シリーズでレイア・オーガナ姫を演じてきたキャリー・フィッシャー氏が亡くなりました。

個人的には本当に青天の霹靂でした。

『フォースの覚醒』を中心とした、近年のオリジナル三部作ムーブメントの再燃や、彼女よりひとまわり以上年上のハリソン・フォードが元気に撮影に参加している姿を目にして、「このまま明るくて安定した未来が当たり前のように続いていく」と確信していたからです。

満60歳没……あまりにも早いです。

レイア姫は『スター・ウォーズ』という超ポピュラーな冒険活劇に登場する「お姫様」でありながら、自ら最前線に立つ「戦う女性キャラクター」のパイオニアの一人でもあります。

フィッシャー氏の演技が、気が強く、それでいて心が強固だからこその「真の優しさ」とリーダーシップを持つレイア・オーガナに命を吹き込んでいました。

本当に惜しまれます。

ご冥福をお祈りいたします。

 

さて、今回は現在大ヒット中の『ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー』の感想を書こうかと思っていましたが、以前の記事で「次はエピソードⅧの予想をする」と断言してしまったので、そちらを先に記そうと思います。

スター・ウォーズ』は情報漏洩の対策を徹底しているので、はっきりいって確定的な予想はできないんですが、個人の推測であることを留意していただいたうえで、あえて具体的に踏み込んでいこうと思います。

 

f:id:penguinoutrage:20170104193107p:plain

続きを読む

ドラマ『ルーク・ケイジ』シーズン1感想と見所

順番でいけば『デアデビル』シーズン2の感想を先に載せるべきなのですが、筆者が最近『ルーク・ケイジ』を見終わったばかりなので、感情的にタイムリーな記事が書けるかもと思い、こちらを先に書くことにしました。

ということで、今回は『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』と同じくマーベルとNetflixが組んだオリジナルドラマルーク・ケイジシーズン1の感想をお届けします。

 

f:id:penguinoutrage:20161121161613p:plain

続きを読む