富とジェリー

映画・海外ドラマ・海外アニメの紹介と感想、独自の角度から切り込んだ考察を載せていきます。

ドラマ『アイアン・フィスト』シーズン1感想と見所

今回は、『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』に続く、4人目にして最後のディフェンダーズ、アイアン・フィストシーズン1を分析します。

 

f:id:penguinoutrage:20170628025744p:plain

©Iron Fist/Marvel Television/ABC Studios/Netflix

 

1.概要

アイアン・フィストは同名のコミックスなどを原作としたドラマで、マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)に含まれます。

アイアン・フィスト=ダニー・ランドは、異次元に存在する秘境クン・ルンで拳法を極めし男です。

不死の龍ショウ・ラウを倒し、「アイアン・フィスト」の称号を手にしたことで、絶大なパワーの「気」をその拳に宿すことができます。

 

2.感想と見所

いやはや、これまでで一番、予想と違う作品が出てきました

こういうアプローチで来るとは思っていなかったので、裏をかかれた感がすごいです。

僕が驚かされたのは、『アイアン・フィスト』のリアリティの強さです。

「光る拳を持つヒーローが忍者たちと戦うなんてどこがリアルだ!」と言われてしまうかもしれませんが、そういうことではないんです。

僕はフィクションにおける「リアリティ」とは二種類あると思っています。

「設定上のリアリティ」と「演出上のリアリティ」とでもいいますか。

SFにおいて宇宙人や超能力が登場したり、ファンタジーにおいて魔法が登場したり、ホラーにおいて幽霊や怪物が登場したりするのは、「そういう設定のフィクションだから」であり、それがその作品の「設定上のリアリティ」です。

落語において扇子を箸に見立てたり、舞台において箱馬を椅子に見立てたり、少女漫画においてイケメンばかりが出てきたり、バトル漫画において主人公がギリギリで戦いに間に合ったり、コメディにおいて犯罪が笑いごとで済んだりするのは、「そういう演出のフィクションだから」であり、それがその作品の「演出上のリアリティ」です。

(念を押しますが、僕が勝手にそう呼んでるだけです。)

僕が『アイアン・フィスト』を見て強いと感じたのは、後者の方です。

ドラマというものは、基本的に、映画よりも「演出上のリアリティ」が弱めなことが多い気がします(もちろん作品にもよります)。

演技が若干大きめだったり、展開がある程度露骨だったりします。

恐らく、映画では「観賞する側が作品の方に近づいて詰める」距離を、テレビでは「作品の方が視聴する側に近づいて詰める」という前提があり、そのために分かりやすくデフォルメされた演出が求められるのだと思います。

その点、Netflixオリジナルのドラマは、テレビを媒体としていないので、映画と同じような距離感の扱い方を視聴者に期待できます。

ドラマを「ドラマのパターン」という演出から一度解放し、ヒーローを「ヒーローのパターン」という演出から一度解放することで、「演出上のリアリティ」の強さを自在にコントロールすることが可能なのです。

アイアン・フィスト』シーズン1は、その特性が最も端的に表面化したシリーズとなっています。

アイアン・フィスト(=ダニー・ランド)は、マーベル全体で見ても上位の強力なヒーローです。

本来なら、無敵のアクションで悪をちぎっては投げる、痛快なお話にいくらでもできます。

ところが、このドラマではそうはいかない。

「気」は集中しないと使えないし、倒すべき敵は流動的で誰なのかはっきりしないし、味方にも信じてもらえない。

一言でいうと、「ヒーローがなかなかヒーローさせてもらえない」

「ヒーロー本人」、「ヒーローと対峙する者」、「ヒーローに守られる者」というシンプルな構造が、なかなかそろわない。

リアリティを調整することで、「ヒーローの物語」と「裏社会」を両立させた『デアデビル』、「ヒーローの物語」と「ヒーローじゃない女」「サイコ」を両立させた『ジェシカ・ジョーンズ』、「ヒーローの物語」と「土着性」を両立させた『ルーク・ケイジ』とは異なり、今回は両立ではなく、完全にリアリティが「ヒーローの物語」を壊しにかかっているのです。

最強の称号と能力はすでに手に入れたはず。

なのに、戦士であることは単純にはいかない。

その歯がゆさ、煮え切らなさこそが、若きダニーが直面する最大の試練。

そう、魑魅魍魎が渦巻くこの俗世において、修行はまだ終わっていないのだ……。

かといって、派手なところはきちんと派手で、そのバランス感覚も見事です。

主人公補正低めの主人公を基点としたリアルで奥行きのある人間ドラマと、ディフェンダーズ最後にして最年少のヒーロー、アイアン・フィスト二つの意味の「戦い」を、ぜひご覧あれ。

全員、暴走。『アウトレイジ 最終章』徹底予想・考察

うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

ついにきましたね!!

アウトレイジシリーズ最新作にして完結編アウトレイジ 最終章(『アウトレイジ コーダ』)のキャスト発表と特報!!

3作目の噂は何年も前からチラホラありましたが、ようやくそれが現実になって大興奮しております!

さっそく、今の時点で分かっている情報を分析していこうと思います!

 

f:id:penguinoutrage:20170430150040p:plain

©『アウトレイジ 最終章』製作委員会/オフィス北野

 

www.youtube.com

続きを読む

MCU新次元の開幕『ドクター・ストレンジ』感想と見所

少し前から、記事の一番下に簡易なアンケートを設けています。

ブログというものは基本的に専門性が高い方が好まれるらしいのですが、当ブログの題材は、ご覧の通り多岐にわたります。

別にそれはそれでいいと思うんですが、もう少し計画的に記事を投稿した方がいいかなとも感じ始めてきたので、今後の方針の参考にするべくアンケートを設置したのでした。

ちなみに一時間に一回まで投票できるので、遠慮せずにどんどんご参加くださいね。

さて今回は、ちょっと遅いながらも、マーベル・シネマティック・ユニバース最新作ドクター・ストレンジの感想をお届けします。

 

f:id:penguinoutrage:20170307000658p:plain

続きを読む

悪役考察『ベイン』(精神力の化身)前編

ベイン

本名:ドーランス(フルネーム不明)

登場作品:『バットマン』及びその関連作品

大まかな概要:

架空の国「サンタ・プリスカ」の牢獄で生まれ育った脱獄囚

高い戦闘力と知能を駆使し、史上初めてバットマンを引退に追い込んだ男

 

f:id:penguinoutrage:20170225121021p:plain

©DCコミック

続きを読む

闇に舞う「裏シビル・ウォー」!『デアデビル』シーズン2感想と見所

アイアン・フィスト』の配信が開始される前に、デアデビル』シーズン2の感想と見所を述べていこうと思います。

ルーク・ケイジ』の感想を先に載せましたが、時系列的にはこっちが前です。

 

(『デアデビル』シーズン1についてはこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com

 

余談ですが、最近Netflixに問い合わせの電話をしたら、保留中のメロディが『デアデビル』のオープニング曲だったのにびっくりしました

では、続きをどうぞ!

 

f:id:penguinoutrage:20170217092025p:plain

©Daredevil/Marvel Television/ABC Studios/Netflix

 

1.概要

デアデビル』シーズン2は、ある意味一つの大事件です。

あのパニッシャーが、ついにMCUに参戦するからです。

パニッシャー(=フランク・キャッスル)は、マーベルにおける「悪人を殺しきるヒーロー」の代表中の代表です。

抗争に巻き込まれて家族を皆殺しにされたことから、犯罪者に対して絶対に慈悲を与えない孤高の処刑人と化した、極めて純度の高いダークヒーローなのです。

そのキャラクターとカリスマから、イデオロギーや社会風刺のアイコンとして引用されやすい性質を持ち、また、過去に三度映画化されるなど非常に人気が高いです。

デアデビル』シーズン2では、そんな彼が単独タイトルに先駆けて登場し、「不殺」の信念を貫くデアデビルと対立します。

 

2.感想と見所

まず注目すべきは、本作がMCUNetflix双方の特性の活かし方を完全に修めているという点です。

複数のタイトルの世界観共有を前提とした「MCU」、他のMCU作品では描けない過激な内容を存分に押し出すことができる「Netflix」。

デアデビル』シーズン2は、この二つの長所を骨の髄まで貪った、欲張りエンターテイメントなのです。

極上の完成度を誇った『デアデビル』シーズン1に、単独でも十分すぎるカリスマを放つあの『パニッシャー』が加わる。

もうこの時点で燃えないわけがないんですよ。

企画の時点で勝ちです。

さて、そうは言っても本作の主役はあくまでデアデビル(=マシュー・マードック)です。

シーズン2では、彼の新たな変化と葛藤、そして決意がストーリーの中核をなします。

前シーズンでウィルソン・フィスクの魔の手からヘルズ・キッチンを死守したマシューは、相変わらず弁護士とクライムファイターの二足のわらじを履いて、街を守り続けています。

フィスクの投獄により微妙に勢力図が変わったヘルズ・キッチンですが、ある日、既存のギャングの脅威など目ではない衝撃がもたらされます。

フランク・キャッスルの登場です。

一個人で軍隊と見まごう兵力を有し、家族の死に関わった者を着実にパニッシュ(処罰)してゆくキャッスル。

マシューはこの新たな超危険人物と、弁護士として、そしてヒーローとして向かい合うこととなります。

肉体的に、同時に倫理的に、幾度も衝突する「殺さずのデアデビル「確実に命を奪うパニッシャー

彼らがやっていることは本当に違うのか?

「ヒーロー」とは一体何なのか?

「もう一つの『シビル・ウォー』」とも言える重厚なドラマが錯綜する中、一つの「仮説」が浮かび上がってきます。

デアデビルパニッシャーを作ったのではないか」。

フランク・キャッスルの家族を奪い、彼を生き地獄へと突き落としたのは暴漢たちだ。

彼を悪を裁く道へと駆り立てたのは彼自身だ。

だが、街をキャッスルのような人間が躍動する場所に変えてしまったのは、「ヘルズ・キッチンの悪魔」デアデビルの存在なのではないか?

この疑問が、序盤の重要なテーマとなります。

組織犯罪による汚職と腐敗を匿名のヒーローが断ち切る代わりに、「信念で動く者」たちが闊歩する「前例」「土壌」ができあがる。

もうお気づきかと思われますが、この展開は『ダークナイト』と酷似しています。

ダークナイト』でのブルース・ウェインと同様に、『デアデビル』シーズン2のマシュー・マードックも、自身の活動の結果と負の側面を思い知らされ、苦しむこととなるのです

ただし、「変化したゴッサム」に現れたジョーカーが概念的な要素を帯びていたのに対し、「変化したヘルズ・キッチン」に現れたパニッシャーは、極めて実際的な存在です。

彼の「悪に容赦しない信念」は、理解できるどころか普遍的かつタイムリーといっても差し支えなく、大衆の同意を得るに足るものです。

つまりマシューは、「危険思想を宿す者を呼び寄せてしまったかもしれないという責任」「それが実は危険思想ではないかもしれないという社会的論争」の両方に直面するのです。

そこへ泣きっ面に蜂とばかりに、さらなる問題が飛び込んできます。

マシューの元恋人にして暗殺者、エレクトラ・ナチオスです。

シーズン1でも目的が謎のまま登場した日本の忍者集団「ザ・ハンド(ヤミノテ)」の陰謀を阻むことを手伝ってくれとマシューに頼むエレクトラ

エレクトラに関して苦い思い出があるマシューですが、彼女の隣で戦ううちに、内に秘めた「ヒーローを楽しむ感覚」が表に出てきたり、弁護士としての職務をおろそかにするようになったりして、「人間とヒーローの矛盾」にこれまでより強く葛藤するようになります。

マシューの親友でありデアデビルの正体を知ってもいるフォギー・ネルソンが、そんな心が弱り切ったマシューとすれ違うところも見所です。

パニッシャーエレクトラ本来単独の映画でメインを張るレベルの二人に挟まれ、大きく揺れ動く今回のデアデビル

彼がどのような決意を固めるのかを見届けると共に、少しでも強い心を取り戻せるよう祈りましょう。

何故ならまだ、狂気の殺人鬼・ブルズアイの登場が控えているのですから……。