読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富とジェリー

富を得たジェリーは変わってしまった。

マーベル・シネマティック・ユニバースと『アベンジャーズ』の今後を予想(前編)

紹介・感想 考察 アメコミ・カートゥーン 映画 洋画 海外ドラマ ディズニー

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCUとは、マーベルスタジオ製作の映画が共有する一つの世界です。

アメリカンコミックは、出版社が同じであればほとんどの作品が繋がっているということは有名ですが、言ってしまえばそれを映画でもやってしまおうというのがこの一大企画です。

これまで

『アイアンアン』『アイアンマン2』『インクレディブル・ハルク

マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』

アベンジャーズ』『アイアンマン3』『マイティ・ソー:ダーク・ワールド』

キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』

『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』

アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』『アントマン

キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』

といった計13の映画作品が公開されており、また

『エージェント・オブ・シールド』『エージェント・カーター』『デアデビル

ジェシカ・ジョーンズ』などのドラマ作品も展開されています。

先日公開され大ヒットを記録した『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』は、このMCUの第3段階「フェーズ3」の幕開けにあたります。

これからさらに

『ドクター・ストレンジ』『ガーディアン・オブ・ギャラクシー2』

スパイダーマン:ホーム・カミング』『マイティ・ソーラグナロク

『ブラック・パンサー』『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』

アントマン&ザ・ワスプ』『キャプテン・マーベル

そして現在タイトルの変更案が練られているアベンジャーズ』四作目の公開が待ち構えています。

この記事では今後のアベンジャーズ、そしてMCUについて、例によって個人的な推察を含めながら、少しだけ具体的に予想してみようと思います。

 

f:id:penguinoutrage:20160803232131p:plain

 

※ここから先はMCU作品群及び原作のネタバレをほんの少し含みます。

 

ウォッチメン』などの例外を除き、アメコミ映画が原作の展開をほとんどそのままなぞるということはまずありません。

よって主に映画の流れを追って予想していこうと思います。

 

1.魔法の時代がやってくる

『アイアンマン』『ハルク』『アントマン』をはじめ、これまでのMCU作品は科学をベースとしたヒーローがメインを占めていました。

異色である『ソー』でさえも、原作で本物の神だった者たちを、あくまで神として崇められた異次元人だということにし、また、原作では医者だったヒロインを物理学者として登場させることで、やはり科学的観点を挟んだ上での作品となっていました。

しかし、この世界には常識を超越した力が明らかに存在しています。

それをあくまで「極端に進んだ科学」として見せるのか、「科学で裏付けできないもの」として見せるのかは場合によって異なっていましたが、今後「魔法」という定義が登場することは約束されています

次に姿を現すニューヒーロー『ドクター・ストレンジ』が、原作マーベル世界において最強クラスの力を誇る魔法使いだからです。

時の人、ベネディクト・カンバーバッチが演じる予定のドクター・ストレンジは、これまでアイアンマンが担っていたMCUの中心人物になるともいわれており、もしそれが本当なら、「科学」に代わり「魔法」の時代がやってくるのかもしれません。

すでに登場しているスカーレット・ウィッチ(=ワンダ・マキシモフ)が魔法とおぼしき力を使っていることや、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』で、あの世の存在を示唆するエピソードがあったことも考慮すると、その可能性は高いです。

ひょっとしたら、死後の世界や本物の「神」といったオカルトチックな概念についても言及されるようになるかもしれません。

予想の自信:79%

 

2.ロキの今後について

マイティ・ソー』『アベンジャーズ』のメインヴィランであり、アベンジャーズ結成のきっかけにもなったロキですが、義兄弟ソーに愛憎入り混じる感情を抱いており、その立ち位置は微妙に変化し続けています。

原作の展開などを踏まえると、今後彼が一時的に味方になったり、改心したといえる行動をとることは十分にありえると思います。

しかし、無数の地球人や実の親(ラウフェイ)を手にかけたロキが、心の底から笑い合える仲間になるというのはナンセンスだと思うし、多くのファンが嫌悪感を抱くことでしょう。

それは製作者側もよくわかっていると思います。

落としどころとして、彼は改心を覗かせた後、最終的に命を落とすのではないかと予想しています。

その上でロキは新たな命を得て、別の姿で生まれ変わるのではないでしょうか

予想の自信:40%

 

3.どこまで広がるMCU

現在『アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー パート2』からのタイトル変更が話し合われている『アベンジャーズ』シリーズ四作目ですが、一部ファンの間ではMCUの一つの区切りとなり、大団円になるのではないかと噂されています。

最も気になるのが、その後もMCUは続くのか? ということ。

原作と違い、映画のヒーローたちは俳優と共に老いてゆくわけですし、だからといっておかしなタイミングで大がかりな役者変更をするというのもいただけません。

なにかしら手を打つならそのタイミングはフェーズ3の最後なのです。

これまでのアメコミ映画は、シリーズ自体をリメイクやリブートすることによって問題に対処してきましたが、MCUのような試みは前代未聞なので、どうするのか確定的なことがいえません。

ですが、僕としてはMCUの世界は今後も続くと考えています。

アントマン』や『ブラック・パンサー』などの登場したばかりのヒーローを横に置いてリメイクがなされたら違和感しかありませんし、なによりここまで順調に成功してきたMCUの流れを断ち切ってしまうというのは判断としてありえないと思うからです。

比較的若いヒーローをメインに据えたり、年長のヒーローが新たな人物に二代目を襲名させたりして、MCUはどこまでも続いていくのではないでしょうか。

予想の自信:95%

 

(後編はこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com

画像引用元・権利者:マーベル・スタジオ/ウォルト・ディズニー・カンパニー

 

(関連記事・その他の人気記事はこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com

penguinlove.hatenablog.com