富とジェリー

富を得たジェリーは変わってしまった。

再びのご挨拶。

お疲れ様です。

 

一週間前あたりから急にアクセス数がほぼ3倍、読者登録数が7倍以上に増え、びっくりしゃっくりといった感じです。

 

本当にありがとうございます。

 

バズったわけでもないのになぜ……?という疑問と純粋な喜びを感じている今ですが、よい区切りなので、もう一度、このブログの趣旨と方向性を説明させて頂きたいと思います。

 

当ブログでは、映画・ドラマ・アニメ・音楽・漫画・小説などを題材とした、紹介・感想・考察を載せています。

 

題材とする作品は完全に趣味で選んでいるので、ご覧の通りかなりまちまちです。

 

しかし、当たり前ですが、どの記事も僕という一人の人間を通して作成されたものであり、そういう意味では全てが繋がっています。

 

言ってみれば、僕が行いたいのはフィクションを用いた「世界の研究」「人の研究」であり、テーマの混在はそのための方向性がいくつもあるということに過ぎません。

 

なので、掘り起こそうとしているものは究極的には常に同じだし、共通項やクセは意識して書かなくてもにじみ出ていると自己分析しています。

 

そういった点、つまり「見方」という点の個性をうっすら感じながら読んで頂ければ、例えその記事の題材について知らなくても、楽しんでもらえるかと思います。

 

また、テーマの作品に初めて触れる方にとっても、見どころがあるように工夫しているつもりなので、映画館のチラシや雑誌で時間をつぶすかのような感覚で、気楽に目を通して頂ければ、これ以上の幸せはありません。

 

ところで、下の二つの記事についてはだいぶ前から「書き溜め」していたこともあり、一部、最新情報の確認が遅れてしまいました。

 

追記という形で修正いたしましたので、ご容赦ください。

 

それでは、今後も「富とジェリー」をよろしくお願いいたします。