読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富とジェリー

富を得たジェリーは変わってしまった。

ゆとり世代が語る伝説のバンド『たま』(滝本晃司編)

滝本 晃司

出身:東京都

担当:ボーカル、ベース、ピアノ、トイピアノ、コーラス

 

f:id:penguinoutrage:20160815002145p:plain

 

※『たま』の世界観や詩は多様な解釈が許されており、以下に記述するのはあくまで僕個人の感想・考察です。

『たま』の紹介・考察記事はこちら - 富とジェリー

 

  1.人物考察

滝本晃司氏の楽曲は『たま』の中では一番私小説的な雰囲気を帯びていると思います。

知久さんのように自身を他者に置き換えて語りかけているわけでも、柳原さんのように世界中を冒険しているわけでも、石川さんのように社会を破壊しているわけでもなく、相手としての「君」がきちんといると感じます。

他のメンバー同様、独自の凄まじい世界観を持っているのはたしかですが、一応その中に「関係性」の入り込む余地がある気がするのです。

そのことと、美形のルックスや甘い声の効果が相まって、恋愛について歌っているような印象を抱かれそうですが、純粋な意味でのラブソングは恐らく数曲しかありません。

やはり、核となるのは哲学的なテーマであり、彼の場合それはジャン=ポール・サルトルに近いものがあると思います。

たぶん影響は受けていないと思うんですが、サルトルの述べた「理由なく生まれ、偶然によって死ぬ」という思想を滝本氏は極端に体現しています。

滝本氏の歌詞に登場する「僕」は、例えば「天気」だとか「距離」だとか「ふとしたこと」によって、頻繁にその存在が危うくなります。

これは神経質だとか過敏だとかいうわけではなく、むしろその逆で、目の前の因果関係をぼんやりとしか感じられないから、外界や時空に対して強迫的になっているのです。

ある種のサイコパスシリアルキラーに近い思考形態を持っているともいえ、息の浅い歌い方がさらに「精神異常者っぽさ」を際立てています。

また、存在の危機から立ち直る時のメカニズムも同様で、そこに積極的な解決への意志はなく、全ては偶然(時の流れなど実質的には必然であるものも含む)に由来します。

このようにして「僕」はなんとなく世界に生かされているのです。

「受動的な存在」の域を出ることのない彼は、もちろん自身に価値を見出していません。

並みのソングライターならそのモチーフを自殺に結び付けて終わりそうなものですが、滝本さんの「僕」が向かう先はあくまで消滅であり、死はプロセスの一例に過ぎないものとして扱われている気がします。

ここから先はちょっと入り組んだ話になるのですが、頑張って整理してみます。

まず「僕」が身を委ねている「世界」には「僕」自身も含まれます

彼の詩には「食べる」という行為が何度か登場するのですが、そのことが象徴しているように、「僕」は厳密には能動的な行動をとることも当然あるのです。

ただし、彼は自分の行為の裏にある目的や感情をはっきりと認識していません。

大仰な言い方をすれば「普通に生きている僕」(=「生活する僕」「能動的な僕」)と「その理由が分からない僕」(=「僕を見ている僕」「受動的な僕」)に分離しているのです。

二人の「僕」が完全に共有しているのは「気分」だけです。

そして「僕を見ている僕」は、自分自身についてだけでなく、現実そのものがどのように作用し合っているのかを正確に把握していません(サイコパスだから)。

だからこそ想像力を用いて外的要因に対する「感覚的ルール」を創り出し、それに倣うという形で理解を補完しているのだと思われます。

存在が消えかかったり、持ち直したりを延々と繰り返しているのは、その流動的かつ茫漠とした「ルール」「気分」の両方が基本的にマイナス寄りのもので、しかもそこにかけ合わさる要素が「偶然」によって変化し続けるからでしょう。

見方を変えればもはや人間というより、概念やシステムに近い力が働いているのです。

つまり「生活している僕」が自殺に追い込まれるような心理状態でも、地の文を担当する「僕を見ている僕」はそれを「気分」としてしか感知できないし、あの世にいようがこの世にいようが、別のロジックで生きている「僕を見ている僕」が、彼にしか分からない「ルール」によって消滅することこそが本当の終わりなので、これは自殺が主題の物語ではないのです。

あえて分類するならサイコホラーのようなものではないでしょうか。

相当危険な人格である「僕を見ている僕」は、俯瞰者というわけではなく、「生活している僕」が自動的に動いている瞬間以外は普通に発現しています

自らのルールや気分に従ううちに、凶行に至ったことがない方がおかしいよな、と考えさせられますし、しかも最初に説明したようにこの世界には「他人」がいます

完璧な構造と自己認識の研究によって形作られた狂気のストーリー、いや物語というよりは「日記」

それを淡々と歌い上げるのが滝本晃司なのだと僕は感じています。

 

2.ピックアップ曲紹介・考察

『夏の前日』(収録アルバム『犬の約束』)

滝本さんが初期三人編成時代の『たま』に加入する際、最初に披露したといわれている曲。

後の作品と比べても特に多くの実験性が盛り込まれており、この曲一つだけとってみても彼が並みの感性の持ち主ではないことが分かる。

まさに夏が来る前を想起させるようなモヤモヤした情景と、ビートルズを薬で煮詰めて和のテイストをほんの少し足したような独特のサイケデリックが非情に印象的。

内容のほとんどは「僕」の感覚のフィルターを通した世界の描写で、やがて海が干上がって探していた「君」が見つかり、赤い夜が近づいてくる。

基本的には物凄く怖い曲なのだが、どこかノスタルジーを感じさせるコードとアレンジが用いられているので、二つの要素が折り重なったなんともいえない感情を呼び起こさせられる。

ドラムではなくパーカッションだからこそ表現できる「のたっ」とした感じを石川さんがわざと押し出しているのも、曲の雰囲気と合っていて素晴らしい。

某少女漫画のタイトルの由来にもなっている。

 

『星を食べる』(収録アルバム『きゃべつ』)

こちらも滝本さんらしさが凝縮された代表曲。

「僕から見た世界」と「僕から見た君」そして「僕から見た君から見た僕」についてが気だるく、しかし真に迫ったニュアンスで語られる。

だいたいいつも生きているのか死んでいるのか微妙な「君」だが、この曲ではほんの少しだけ未来への予感みたいなものが垣間見えるので、なんとなく生きているような気にさせられる。

しかし、そのせいで余計に怖い。

プロポーズを描いていると解釈できなくもないが、結局殺害しているようにもとれる。

恐らく「僕」の主観が「君」の中に二種類以上の人間を勝手に見出していて、それをどのような方法で切り離したのかが鍵になるんだと思う。

真相は「僕」にしか分からない。

ちびまる子ちゃん』の映画の劇中でも使用されている。

 

『こわれた』(収録アルバム『きゃべつ』)

シンプルな構造で整えられたプログレ風味の異色作。

一貫して同じテンポとコードが続き、超タイトな太鼓のリズムキープが心臓の鼓動のようにじわじわと意識を占領してくる

精神を患っている人はたぶん聞かない方がいい。

内容は、家族や友人や先生が順々に壊れていく様子が淡々と述べられてゆくというものだが、「壊れた」のか「壊した」のかは不明。

 

『海にうつる月』(収録アルバム『ひるね』)

細やかで儚げなバラード。

深く掘り下げてゆけばこの曲の奥にも狂気が内包されているはずだが、とにかく詩と曲が美しいのでまずはそれを純粋に味わって欲しい傑作。

 

『日曜日に雨』(収録アルバム『ろけっと』)

ひたすらに日曜日が雨であることをあらゆる角度から歌った曲。

憂鬱であるのかどうかすら明言されない。

なぜか当記事の紹介ではこの曲だけになってしまったが、滝本さんの作品には三拍子の曲がめちゃくちゃ多い(『たま』全体にもいえる)。

しかしこの曲はその中でも「声を張ったボーカル」「ポップな展開」という新たな側面を兼ね備えためずらしい部類の楽曲である。

またこれ以降テーマとして何度も採用される「雨」についての曲のはしりでもある。