読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富とジェリー

富を得たジェリーは変わってしまった。

ドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン1感想と見所

紹介・感想 アメコミ・カートゥーン 海外ドラマ 映画 洋画

7月に書いたペンギンの魅力に酔いしれろ! ドラマ『ゴッサム』の味わい方を解説 - 富とジェリーがホットエントリーに掲載されたようで、11月14日の日計アクセス数が1258とスゴイことになっていました。

腰抜けるかと思った……感謝感謝です。

ちなみに当ブログの記事の人気順は、1位をスター・バタフライの紹介とジェロームの考察が争っていて、その下をたま関連とアウトレイジ関連が点々としてる感じです。

知識と興味に偏りがあってすいません。

今回は『デアデビル』と同じくマーベルとNetflixが組んだオリジナルドラマジェシカ・ジョーンズ』シーズン1の感想をお届けします。

 

f:id:penguinoutrage:20161118223532p:plain

 

1.概要

ジェシカ・ジョーンズ』は『エイリアス』などのコミックスを原作としたドラマで、マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)に含まれます。

主役のジェシカ・ジョーンズは怪力と飛行能力(ドラマではほぼ大ジャンプ)を備えた元ヒーローで、このドラマでも一時期はヒーローを志していましたが、現在はエイリアス探偵事務所」の私立探偵として活動しています。

 

2.感想と見所の解説

もう本当に異色作中の異色作ですね。

正直ジェシカ・ジョーンズについては僕はあまり詳しくなくて、ルーク・ケイジの嫁ということと、ある凄惨な事件を機にヒーローを引退したということくらいしか知りませんでした。

でも今回のドラマを見て、ジェシカは彼女にしかない強い個性を持ったキャラクターであり、作品もそれに応じて非常にユニークなものになっているという印象を受けました。

第一に、大前提として彼女はヒーローじゃないんですよね。

ヒーローになろうとしたけど、運悪くなれなかった女。

口が悪く、がさつで、酒飲みで、いつも疲れたような顔をしている一人の「女」。

聖人でもなければ完璧でもない……っていう描かれ方は現代のヒーローみんなそうなんですが、『ジェシカ・ジョーンズ』はその点がさらにえげつなく押し出されています。

ジェシカはエゴも性欲もアンニュイさも全てが真に迫って触れられる「MCUで最も人間らしい人間」で、本作はそんな「人間」が織りなす地に足ついたドラマなんです。

しかも登場人物も制作陣も女性が多いからか、ドラマの内容は超ドロドロ

そして、そんなリアルでドロドロな物語でありながら、「でもアベンジャーズがいる世界」っていうのが本当に独特の位置づけで、妙な味わいがあるんですよ。

第二に、ジェシカの基本的な立ち位置が「被害者」であることも特徴として挙げられます。

ジェシカの内面には、後述する本作のヴィランに負わされたトラウマが深く根ざしていて、それがシーズン1で最も重要なテーマとなっています。

ジェシカは他人のためにそのトラウマの元凶たる男に立ち向かうのですが、その「戦う正義の味方もどきの姿」は同時に「ボロボロに傷つけられた女の姿」「悲惨な過去と向き合う女の姿」でもあって、そっちの方がストーリーのメインなんです。

根が善人のジェシカがヒーロー足りえる気質を持ち合わせているのもたしかですが、ヒーローが「平和を取り戻す」のではなく、とある中年女が「干渉された人生を修正する」お話が『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン1というわけです。

で、そんな状況を作り出した本作のヴィランキルグレイブなんですが、めちゃくちゃ気持ち悪いです

心理的にも気持ち悪いし、視覚的にも気持ち悪い(ルックスはイケメン)。

原作では通称パープルマン、本名ゼベディア・キルグレイブ(ドラマ版では通称キルグレイブ、本名は別)というキャラクターで、「ジェシカをもてあそび、ルークにボコボコにされた変態小悪党」というイメージしか僕にはありませんでした。

しかし、ドラマ版のキルグレイブはその変態性を掘り下げ、洗練させることで、本当に気持ち悪い極悪ヴィランとなっています。

ていうか今のところMCU史上ワーストのクズ野郎だと思います。

彼の能力は声を用いて「人に命令し、意のままに操ること」

それだけ書くと「ロキの下位互換じゃねーか」と思われそうですが、能力以前に人格がヤバいので、差別化できているどころか怖さと嫌悪感ではこちらの圧勝です

まず、先述したジェシカのトラウマとは「キルグレイブに操られて共に過ごし、愛しあったこと」で、それだけでもおぞましいのですが、その後もキルグレイブはジェシカを求め続けており、本編では彼女を再び手に入れることのみを行動原理とします。

しかも、バットマンに対するジョーカーのような「かまってちゃん」ではなく、ガチで愛しにきているので、そのモノホンストーカー系ヴィランっぷりはなかなか強烈です。

なにより、キルグレイブは目的を果たすために用いる手段がマーベルの映像作品としては段違いでグロテスクかつ非道です。

彼の存在だけで作品のジャンルがサイコスリラーになっているといっても過言ではありません。

無敵とも思われる能力吐き気をもよおすやり口を兼ね備える「巨悪」キルグレイブと、「探偵」ジェシカ・ジョーンズの血なまぐさい攻防を、その裏に秘められた男女の微妙な関係にも注目しつつ、ぜひ味わって欲しいです。

ジェシカ・ジョーンズ』はその作風からして、全体にある種の「そっけなさ」が流れているので、序盤はグっと引き込まれる人とそうでない人がいるかもしれません。

ですが、心理戦が佳境に入る中盤からの怒涛の展開は、グロ耐性さえあれば万人が楽しめるので、もし序盤が合わなくても、長い目で観賞を続けてみてください。

あと、個人的にジェシカ役のクリステン・リッターの顔がすごく好みです。

画像引用元・権利者:Netflix/マーベル・スタジオ

(関連記事・その他の人気記事はこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com

penguinlove.hatenablog.com

penguinlove.hatenablog.com