読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富とジェリー

富を得たジェリーは変わってしまった。

闇に舞う「裏シビル・ウォー」!『デアデビル』シーズン2感想と見所

本当にお待たせしました。

アイアン・フィスト』の配信が開始される前に、デアデビル』シーズン2の感想と見所を述べていこうと思います。

ルーク・ケイジ』の感想を先に載せましたが、時系列的にはこっちが前です。

 

(『デアデビル』シーズン1についてはこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com

余談ですが、最近Netflixに問い合わせの電話をしたら、保留中のメロディが『デアデビル』のオープニング曲だったのにびっくりしました

では、続きをどうぞ!

 

f:id:penguinoutrage:20170217092025p:plain

 

1.概要

デアデビル』シーズン2は、ある意味一つの大事件です。

あのパニッシャーが、ついにMCUに参戦するからです。

パニッシャー(=フランク・キャッスル)は、マーベルにおける「悪人を殺しきるヒーロー」の代表中の代表です。

抗争に巻き込まれて家族を皆殺しにされたことから、犯罪者に対して絶対に慈悲を与えない孤高の処刑人と化した、極めて純度の高いダークヒーローなのです。

そのキャラクターとカリスマから、イデオロギーや社会風刺のアイコンとして引用されやすい性質を持ち、また、過去に三度映画化されるなど非常に人気が高いです。

デアデビル』シーズン2では、そんな彼が単独タイトルに先駆けて登場し、「不殺」の信念を貫くデアデビルと対立します。

 

2.感想と見所

まず注目すべきは、本作がMCUNetflix双方の特性の活かし方を完全に修めているという点です。

複数のタイトルの世界観共有を前提とした「MCU」、他のMCU作品では描けない過激な内容を存分に押し出すことができる「Netflix」。

デアデビル』シーズン2は、この二つの長所を骨の髄まで貪った、欲張りエンターテイメントなのです。

極上の完成度を誇った『デアデビル』シーズン1に、単独でも十分すぎるカリスマを放つあの『パニッシャー』が加わる。

もうこの時点で燃えないわけがないんですよ。

企画の時点で勝ちです。

さて、そうは言っても本作の主役はあくまでデアデビル(=マシューマードック)です。

シーズン2では、彼の新たな変化と葛藤、そして決意がストーリーの中核をなします。

前シーズンでウィルソン・フィスクの魔の手からヘルズ・キッチンを死守したマシューは、相変わらず弁護士とクライムファイターの二足のわらじを履いて、街を守り続けています。

フィスクの投獄により微妙に勢力図が変わったヘルズ・キッチンですが、ある日、既存のギャングの脅威など目ではない衝撃がもたらされます。

フランク・キャッスルの登場です。

一個人で軍隊と見まごう兵力を有し、家族の死に関わった者を着実にパニッシュ(処罰)してゆくキャッスル。

シューはこの新たな超危険人物と、弁護士として、そしてヒーローとして向かい合うこととなります。

肉体的に、同時に倫理的に、幾度も衝突する「殺さずのデアデビル「確実に命を奪うパニッシャー

彼らがやっていることは本当に違うのか?

「ヒーロー」とは一体何なのか?

「もう一つの『シビル・ウォー』」とも言える重厚なドラマが錯綜する中、一つの「仮説」が浮かび上がってきます。

デアデビルパニッシャーを作ったのではないか」。

フランク・キャッスルの家族を奪い、彼を生き地獄に突き落としたのはギャングたちだ。

彼を復讐の道へと駆り立てたのは彼自身だ。

だが、街をキャッスルのような人間が躍動する場所に変えてしまったのは、「ヘルズ・キッチンの悪魔」デアデビルの存在なのではないか?

この疑問が、序盤の重要なテーマとなります。

組織犯罪による汚職と腐敗を匿名のヒーローが断ち切る代わりに、「信念で動く者」たちが闊歩する「前例」「土壌」ができあがる。

もうお気づきかと思われますが、この展開は『ダークナイト』と酷似しています。

ダークナイト』でのブルース・ウェインと同様に、『デアデビル』シーズン2のマシューマードックも、自身の活動の結果と負の側面を思い知らされ、苦しむこととなるのです

ただし、「変化したゴッサム」に現れたジョーカーが概念的な要素を帯びていたのに対し、「変化したヘルズ・キッチン」に現れたパニッシャーは、極めて実際的な存在です。

彼の「悪に容赦しない信念」は、理解できるどころか普遍的かつタイムリーといっても差し支えなく、パニッシャーがキャラクターとしての不動の人気を確立していることからも分かる通り、大衆の同意を得るに足るものです。

つまりマシューは、「危険思想を宿す者を呼び寄せてしまったかもしれないという責任」「それが実は危険思想ではないかもしれないという社会的論争」の両方に直面するのです。

そこへ泣きっ面に蜂とばかりに、さらなる問題が飛び込んできます。

シューの元恋人にして暗殺者、エレクトラ・ナチオスです。

シーズン1でも目的が謎のまま登場した日本の忍者集団「ザ・ハンド(ヤミノテ)」の陰謀を阻むことを手伝ってくれとマシューに頼むエレクトラ

エレクトラに関して苦い思い出があるマシューですが、彼女の隣で戦ううちに、内に秘めた「ヒーローを楽しむ感覚」が表に出てきたり、弁護士としての職務をおろそかにするようになったりして、「人間とヒーローの矛盾」にこれまでより強く葛藤するようになります。

シューの親友でありデアデビルの正体を知ってもいるフォギー・ネルソンが、そんな心が弱り切ったマシューとすれ違うところも見所です。

パニッシャーエレクトラ本来単独の映画でメインを張るレベルの二人に挟まれ、大きく揺れ動く今回のデアデビル

彼がどのような決意を固めるのかを見届けると共に、少しでも強い心を取り戻せるよう祈りましょう。

何故ならまだ、狂気の殺人鬼・ブルズアイの登場が控えているのですから……。

画像引用元・権利者:Netflix/マーベル・スタジオ

(関連記事・その他の人気記事はこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com

penguinlove.hatenablog.com

penguinlove.hatenablog.com