富とジェリー

映画・海外ドラマ・海外アニメの紹介と感想、独自の角度から切り込んだ考察を載せていきます。

ドラマ『ゴッサム』シーズン1-2話感想 この街は子供にも容赦ない

シーズン1第2話「セリーナ・カイル」


あらすじ

ホームレスの少年少女を狙った誘拐事件が次々に発生。

ゴードンとブロックは捜査を開始する。


※ここから先はネタバレを含みます。


感想

炊き出しのふりをして子供たちをさらう男女二人組の不快感がハンパじゃないです。

しかも黒幕がドールメイカーとなると、恐らく目的は人体実験関係。

凶悪すぎるだろ。

もっとボッコボコにして欲しかったわこの二人……。

現場にいた体格の大きい子供を犯人だと決めつけるブロックもひどい。

ブロック、原作から引き継いでるフランクな部分は好きなんですけどね。

いかんせん、このドラマだとゴッサムの色にめちゃくちゃ染まってて、納得いかない言動が多いです。

前回、ゴードンにペンギンを始末させたのには、やはり「これでお前も潔白じゃない」という弱みを握る意図があったようです。

これはこの街の新人刑事の通過儀礼なんでしょうね。

まあ、実際にはゴードンはペンギンを逃してるんですが。

そんなペンギン、河の向こうの街でヒッチハイクした意地の悪い若者たちに対して、生き延びるためにペコペコ。

でも、友達もどきができてちょっと嬉しそうにも見えるのは、虐められっ子の特性かもしれません。

ところが、歩く姿がペンギンっぽいと言われて、ついにブチギレ。

 

f:id:penguinoutrage:20171113023505p:plain

(禁句を言われてプッツンするペンギン様)

©Gotham/Primrose Hill Productions/DC Entertainment/Warner Bros. Television

 

一人を殺し、一人を拘束して身代金を要求しますが、イタズラ電話だと思われてしまいます

ペンギンのこういうマヌケな感じ、小物っぽい感じもフィーチャーしてくれる脚本が素晴らしいです!

一方、ペンギンにフィッシュの無礼な発言を伝え聞いてたファルコンは、その真偽をフィッシュに訊ねます。

断じて否定するフィッシュを言葉では許すファルコンですが、涼しい顔で、部下たちにフィッシュのセフレをリンチさせます。

完全にギャング映画のノリですね。

怖いけど、スタイリッシュです。

タイトルロールを飾ったセリーナ、残酷な世界で力強く生きる少女って感じでグっときました。

あと、身体がすごい柔らかいですね。

前回での動きといい、パルクールでもやってるんでしょうか。

評価:☆☆☆(5点満点)

 

(次の感想はこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com