富とジェリー

映画・海外ドラマ・海外アニメの紹介と感想、独自の角度から切り込んだ考察を載せていきます。

ドラマ『ゴッサム』シーズン1-4話感想 くすぶる戦争の火種

シーズン1第4話「アーカム

 

あらすじ

市議会議員が相次いで殺害された。

ペンギンから情報を聞いていたゴードンは、これがファルコンとマローニの代理戦争であると推理する。

 

※ここから先はネタバレを含みます。

 

感想

「二度と戻ってくるな」と言われたジムに帰省を報告しちゃうペンギン。

命の恩人であるジムのスパイになりたいっていうのは、策略の一環でありながら本音でもありそうな気がしてけなげです。

ていうかちょっとメンヘラ入ってるような。

でも「ピーター・フンボルト」って偽名はどうなんでしょう(笑)

兼ねてより触れられていた「戦争」の正体が、ファルコンとマローニによるアーカムの再開発利権の争奪戦だと判明。

この再開発計画は、本来ウェインが発案したものを、議会通過後にファルコンが手を加えたものだとか。

こういうパワーゲームは、フィクションの中で起こる分にはやっぱり面白いですね。

 

f:id:penguinoutrage:20171114231059p:plain

(『ダークナイト』トリロジーより格段に原作寄りになったアーカムアサイラム

©Gotham/Primrose Hill Productions/DC Entertainment/Warner Bros. Television

 

マローニのレストランで下働きを続けるペンギンは、狂言強盗を起こして金の半分を守り、①オーナーの地位②マローニの信頼③金を同時に得ることに成功。

バットマンヴィランはほとんど頭がいいけど、ペンギンの場合、目的に金とか地位とかの分かりやすいものが含まれるから、手段のクレバーさそのものにまた別の魅力が生まれますね。

フィッシュ、ファルコンの悪口をがっつりブロックに話しちゃってるけど、大丈夫なんでしょうか。

よっぽど信頼してるんですね。

評価:☆☆☆☆(5点満点)

 

(次回の感想はこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com