富とジェリー

映画・海外ドラマ・海外アニメの紹介と感想、独自の角度から切り込んだ考察を載せていきます。

これは事件だ『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』感想・考察①(構造編)

 

 f:id:penguinoutrage:20180501164803p:plain

 ©Avengers:Infinity War/Marvel Studios

 

初日に観てきました。

個人的には、現時点でのマーベル・シネマティック・ユニバースの最高傑作だと思っています。

一言で言うと、「ついにかゆいところ全てに手が届いた」といったところでしょうか。

あえて挙げるなら「もっと早くこれをやって欲しかった」というのが唯一の不満点です。

 

1.新たなバトルの構図

少し前まで、このシリーズの肝の一つである「オールスターな戦闘シーン」は、「雑魚軍団との戦い」がメインでした。

アベンジャーズ』では大量のチタウリを、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』では大量のウルトロンを一掃することが、ヒーローたちのミッションの中核をなしていました。

しかし、これはどうにもちょっと飽きる気がするんです。

淡泊とまではいきませんが、敵の特性がみんな同じだから、戦闘の内容を工夫するのにどうしても限界がある。

また、倒しても倒してもどれだけ雑魚が湧いてくるのかわからないから、あまりスッキリしない。

これらの問題を打ち破ってくれたのが、『シビルウォー キャプテン・アメリカ』における空港での戦闘シーンです。

それぞれ個性的な能力を持った者たちが6VS6で戦うという構図は、元々あった「連携の面白さ」に、さらに「組み合わせ(カード)の面白さ」「掛け合いの面白さ」「単位という要素」をプラスし、戦闘をより多面的にしました。

シビルウォー』ではヒーローどうしが務めたその構図を、『アベンジャーズ インフィティ・ウォー』では、ついに「ヒーローVSヴィラン」で見ることができます。

これが本当に面白いし、かっこいいし、ワクワクさせられる。

ブラック・オーダーが二人組で急襲してきた序盤の戦闘シーンでは、上に挙げたような新しい魅力がさらに洗練され、進化しています。

アメリカ的な「災害救助の延長線上にある戦闘」から、粒と粒がぶつかる、より「漫画的な戦闘」、より「敵・味方両方のキャラクターを引き立てる戦闘」への鮮やかなシフト。

「中ボス」としてブラック・オーダーを登場させたのは大正解です。

 

2.「ヒーローたち」がいる世界

アベンジャーズ』でヒーローたちが共闘したのは、ニック・フューリーが仕込んだ計画であり、いわば一時的な「イベント」でした。

後の『エイジ・オブ・ウルトロン』『シビル・ウォー』では、ヒーローたちが共に活動することはイベントではなくなっていましたが、それでも規律の元に遂行される「ミッション」でした。

『シビル・ウォー』ではヒーローの活動を管理・制限する「ソコヴィア協定」が争点となっていましたが、協定を抜きにしても、MCUのヒーローたちは、特に集合する際において、わりと公的な性質を持っていたといえます。

ところが、本作では違う。

ハルクがドクター・ストレンジの家に落ちてきて、ドクター・ストレンジがアイアンマンを召喚したかと思えば、まるで「通りかかったから」と言わんばかりの雰囲気でスパイダーマンが参戦する。

そのままの流れで、一緒に宇宙にまで行ってしまう。

このように、ヒーローたちが私的に、「しれっと」集まり、共闘することによって、「ヒーローが複数存在する世界」という大前提の持ち味と、そこから広がる奥行きや可能性が底上げされています

いい意味で、コミックに近いなんでもありの世界に近づいているんです。

まさに「マーベルそのものの実写化」という感じがして最高にワクワクしますし、今後、この方向性が宿すポテンシャルは無限大だと思います。

 

3.やっと見れたシリアスな『アベンジャーズ

エンターテイメントにおける「笑い」の要素というのは難しいもので、なければ寂しいですが、扱い方を間違えると作品の邪魔にさえなります。

例えば『マイティ・ソー ダーク・ワールド』は、ソーが王座を継ぐ権利を自ら手放すまでの過程を描いた物語のはずですが、手あたり次第のタイミングでギャグを挟みまくったせいで、ソーの心境がどういう風に変化していったのかがほとんど読み取れず、わけがわからないことになっています。

ドクター・ストレンジ』でもそれに近い現象が起きています。

また、『アベンジャーズ』と『エイジ・オブ・ウルトロン』では(前者は意図的だとは思いますが)、周期的なまでに定期的にギャグが挟み込まれ、それによって生じる「コメディのリズム」が話の運びを牽引することで、作品のシリアスレベルがかなり下げられています。

(つまりお手本のような教科書通りのコメディの造形が、この点に関してはマイナスに働いてしまっている。)

逆に理想的なのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズや『アントマン』『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、あれだけギャグが盛り込まれていても、シリアスなシーンの魅力が一切損なわれていません。

これは、作り手側が「サービス精神」の扱い方を理解しているからだと思います。

エンターテイメントにおいて「笑い」は非常に重要なものですが、それでも観客が最も興奮し、最も感動するのは「深刻さ」の先にあるカタルシスあり、最大の情熱とセンスはそこにこそ注力されるべきだということを、彼らはわかっています。

では、ほとんど笑いの要素がなかった『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』や『シビル・ウォー』の監督を務めたルッソ兄弟が、必然的に笑いの要素を増やすことになる『アベンジャーズ』シリーズを手掛けた『インフィニティ・ウォー』での配分はどうかというと、完璧です。

秀逸なギャグがたくさんあるというのに、『アベンジャーズ』『エイジ・オブ・ウルトロン』では見られなかった、「コメディのリズムに支配されていないシリアス」「切実なカタルシスが、贅沢なまでにしっかりと機能しています。

特にキャプテン・アメリカの登場シーン、ソーの参戦シーン、そしてサノスにまつわる全てのシーンが放つエネルギーは鳥肌もので、「そうそう、こういう『アベンジャーズ』が見たかったんだよ!」「こういうのをもっと早く見せてくれよ!」と心の中で叫んでしまいました。

 

ストーリー・キャラクター編、サノス編へ続く

 

(続きはこちら↓)

penguinlove.hatenablog.com